外貨預金よりも豊富な種類

外貨預金と比べると、FXで取引できる通貨ペアは多く、何十種類も用意されています。ただし、業者によってどの通貨を組合せできるかが違いますので、希望の通貨ペアで取引可能か確認しましょう

基本は円との通貨ペアがおすすめ

FXで取引可能な通貨ペアは数十種類もあります。
円との通貨ペアだけでなく、ユーロ/ドル、ポンド/ドル、豪ドル/ドルなどの、ドルとの通貨ペアなど、いろいろな通貨ペアの取引ができますが、基本は円との通貨ペアがお薦めします。

日本に住んでいる方にとって、ドルと他の通貨との動きといってもピンとこないでしょうし、わからない通貨同士の取引をすると、混乱を招き、挙げ句の果てには利益が出ているのか?損をしているのか?すら分からなくなってしますからです。

基本的には、円との通貨ペアを選択して自分の得意とする通貨ペアを2,3個見つけて、その通貨の値動きをじっくり観察しながら追いかけるほうが効率的といえるでしょう。

  • ドル/円(EUR/JPY)
  • ユーロ/円(EUR/JPY)
  • ポンド/円(GBP/JPY)
  • 豪ドル/円(AUD/JPY)
  • NZドル/円(NZD/JPY)
  • カナダドル/円(CAD/JPY)
  • 南アフリカランド/円(GBP/JPY)

ユーロ/ドルの取引

ユーロの場合、海外市場では対ドルでの取引が中心となることに注意しましょう。
また、スイスフランや英ポンドなど、他の欧州通貨との取引がそれなりのシェアを持っている事にも注意です。

東京市場では、ユーロ/円での取引も多く、ドル/円が上昇するとユーロ/円も連れ高となるケースがよく見られますが、海外市場が始まると、ドル/円を上昇させたドル買いが、ユーロ/ドルでのユーロ安ドル高につながり、ユーロ/円は逆に下落してしまうといったパターンも増えてきています。

ユーロ/円を見る場合は、ユーロと円との関係だけではなく、ドルが動いたときにユーロと円どちらに大きく影響してくるのかを見極めるなどの作業が必要になります。

また、ユーロ/円とポンド/円やスイス/円などの関係でも、東京市場ではわりと似通った動きをすることが多いですが、海外市場ではユーロ/ポンドなどの状況次第で、逆に動いたりするケースもあります。

こうしたことから、ユーロ/ドルの取引が一番自然で、ドルとの逆相関の動きが強いこともあり、米国の材料にもわりと素直に反応してくれます。ファンダメンタル分析を元に、安定的に収益を上げていくことを目指すのに向いた通貨ペアだといえます。