信用に不安がある会社は『NG』

万が一の場合でも証拠金が担保される会社ですか?
自分が取引したい通過を取り扱ってますか?
取引スタイルにあった条件が揃ってますか?

存在しない(?)取引所

FXには、株式投資における東京証券取引所のような取引所は存在しません。通貨の取引は、銀行などの通貨の取引が行われているネット間が市場になります。一般の投資家は、この市場と投資家の仲介を行う取引業者を通じて、通貨の売買を行います。

1998年に施行された新外為法によって、それまで銀行に限られていた外国為替取引が、幅広く一般に開放されて誰でもできるようになったため、FXの取引業者が雨後のタケノコのように誕生しました。

しかし、法整備が進んでいなかったため、信用に不安を抱えた業者や悪徳業者なども誕生しました。2005年に改正金融先物取引法が成立したことによって、信用に不安を抱えた業者や悪徳業者は淘汰されました。

投資スタイルからの業者選び

FXのトレードで利益をあげる方法は、スワップ金利と為替差益の二通りです。
自分の投資スタイルにあったところで取引するためにも、業者選びは重要です。
FXの仲介業者は、

  • 証券会社系列
  • 商社系列
  • 商品先物系列
  • 独立系業者(専業業者)

の4つのタイプに大別されます。
証券会社系列や商社系列は、資本力が大きい親会社がバックに控えていることが多く、信用不安という観点では問題ないでしょう。

証拠金の保全は万全ですか?

FXの資金となる『証拠金』は、運用資金ではないことは承知していると思います。
証拠金は、あくまで取引を行うときの担保として預けるものです。
証拠金が増減するのは、取引によって発生した損益や手数料、スワップポイントによってです。

資金繰りが苦しい取引業者などは、顧客から預かった証拠金を運転資金に運用したりすることが考えられますが、それはとんでもない話なのです。証拠金を信託銀行などに預託する取引業者なら安心です。

2005年の改正金融先物取引法では、資産の『分別管理』が義務づけられています。証拠金の振込先が信託銀行になっていれば安心ですが、事業主になっているケースは、100%悪徳業者です。