ギャンブルで生計を立てることは可能?

このテーマはこれまで数え切れないほど話題にされてきましたが、何度も繰り返し取り上げられているので、今回は当社の意見をご紹介します。ギャンブルだけで生計を立てるのは可能でしょうか。端的に言えば、答えは「イエス」です。しかしもう少し掘り下げて理解したいという方は、このまま読み進めてみてください。

幸せな人生を送りたいなら、好きなことを仕事にすることがかなり重要です。そのため、実際にギャンブルが好きなら、それで生計を立てられる可能性は大きく上がります。では、プロのギャンブラーになるために必要なこと、それを今回はご紹介します。

まず大切なのは、大金が稼げるかもしれないと想像して興奮しないことです。そのような精神状態でゲームに臨んでも勝てる可能性はかなり低くなります。また、特定のゲームで腕を上げるには、実際に強い興味があるゲームを選びましょう。具体的には、以下のようなことから始めると良いでしょう。

  • ポーカーを学ぶ
  • スポーツベッティングを始める
  • ビデオポーカーをプレイする

また、ブラックジャックやバカラなど、他にも色々なゲームがあるので、自分の好きなものを選んで十分に勉強しましょう。

ギャンブラーとして成功するのに十分な時間が確保できたら、次は予算管理の方法を学びましょう。これをやらないと、頑張って稼いだお金をすべて失うという結果になりかねません。また、ギャンブルでお金を稼ぎ始めても、他の仕事に就いている人と比べると、自分の価値が低いのではなどと悩む必要はまったくありません。

ギャンブルで成功するということは非常に困難なベンチャーなので、実現できた際にはご自分を誇らしく思うべきなのです。

プロのギャンブラーとして定収入を得るのは、そう簡単ではないことを常に意識しておきましょう。ギャンブル自体に流動性があるので、収入も流動的になるものです。ある月の収入が3,000ドルの時もあれば、翌月はその倍ということもあります。

ギャンブルをキャリアにすると決めたら、必ず毎日自問すべき重要な問いがあります。それは、「賭けすぎないように自制できるか?」という問いです。賢い人であっても、これを実践できずに破滅的な結果を招いたケースは数え切れません。たった一回のセッションで、全財産を失ってしまい、悲惨な結果になることもあります。

多くの国々でカジノが違法とされているのは、そのような状況を防ぐためです。ギャンブルは楽しいとはいえ、誰もが賢く自分をコントロールしてギャンブルができるわけではなく、依存症を引き起こす可能性が高いものです。だからこそ、政府があらゆる手を尽くし、市民と経済の双方に好影響を与えるような、健全なギャンブル産業の維持を支援すべきなのです。